ダウジング.jp
手から発せられる「氣」を測定する

手から発せられる「氣」を測定する(1)

手から発せられる「氣」を測定する
最近、スピリチュアルに対する関心が高まっているようです。多くのスピリチュアルに関する手法の中でも、靈氣(レイキ)や気功は、比較的、一般の人でも知っているスピリチュアルの入り口的な手法です。そして、しかも効果を実感しやすいと言われています。
靈氣(レイキ)や気功の一般論に関しては、書籍やインターネットの記事も数多くあります。そこで、一般論や解説は専門家に譲り、この記事では、科学者の立場から、手から発せられる「氣」(エネルギー)の計測の可能性に関して、述べたいと思います。
スピリチュアル分野に、ある程度知識のある方なら、氣やエネルギーが波(波動)と言われていることはご存じでしょう。もっと言えば、霊体も、そして肉体までも波動だと言われることもあります。
この記事で波動と言った場合、音波(音:空気の圧力の分布が伝播する波)は除外します。音と言えば、スピリチュアル分野では、ソルフェジオ周波数(528Hz)が知られています。
ソルフェジオ周波数の音に関しては、間違いなく音(波動、音波)であり、何であるか、はっきりしており、あとは、その効果に関する実証だけです。おそらく、528Hzの音が人体の各細胞に作用し、肉体に対して効果を発揮するのだと思います。
「氣」を波動としてとらえると‥‥
さて、ここでは、音波を除く波動として、光まで含む広範囲の波動を考えます。
光に関しては、波動と粒子の二面性が議論されていますが、波動と捉えて議論します(波動→粒子→物質化と捉えると、また面白いですが、それはまた別の機会に)。
広範囲の波動を、その周波数(言い換えれば波長)で分類することができます。 周波数の大きい(波長の短い)、つまりエネルギーの高い波から、以下のように分類されます。
宇宙線
γ線 ‥‥癌の治療
X線 ‥‥レントゲン検査
紫外線  ‥‥日焼けの原因
可視光線
赤外線 ‥‥暗視カメラやストーブ
マイクロ波  ‥‥電子レンジ 電波:
電波(短波、中波、長波)  ‥‥レーダーからテレビやスマホの通信用等
いずれも、身近な用途を含め、種々の分野で活用されています。
氣(エネルギー)が波動だとした場合、我々が日常的に使用している(浴びている)、紫外線~電波の領域ではないだろうと推察されます。
氣(エネルギー)を体感すると、暖かく感じることが多いので、赤外線と認識することもありますが、後述するように、赤外線ではないようです。
 
 
 
エナジーダウジング
ダウザーと作家の対談
エナジーダウジング
エナジーダウジングの専門書
ダウジング・プロトコル
スーザンの初邦訳本