ダウジング.jp
 
The japanese Society od dowsing  日本ダウジング協会
 
ダウジング協会
ダウジング記事
ダウジング入門
ペンデュラム
ワークショップ
ダウザー
協会へ問い合わせ
 
 
 2017.03.01更新
 2016.11.21更新
 2016.9.1更新
 2016.9.1更新
 2016.2.9更新
 2015.4.17更新
 2015.2.20更新
 2014.7.25更新
 
 
ダウジング・プロトコル

ダウジング・プロトコル(2)

 
   
クリスタルが害あるエネルギーを増幅させていた?
加藤 : 
ダウジングを知って、他にわかったことはありましたか?
まず、私たちの生活している空間に、害のあるエネルギー(※下記参照)が存在していることを知りました。そして同じく、私たちの食べている食べ物にも、それが存在しているということも。
それらのエネルギーを調整するために、私はダウジングロッドを持って家の中を歩いて、私を病気にしているエネルギーラインをダウジングして見つけていきました。
害のあるエネルギー
一般的に人に害のあるエネルギーは「harmful energy」や「detrimental energy」と呼ばれますが、スーザンはその呼び方を好まず「non-beneficial energy」と呼びます。ここでも彼女は「有益ではないエネルギー」という言い方をしていますが、日本語では意味が分かりにくいので「有害なエネルギー」という対訳を当てさせていただいています。口にした言葉のエネルギーが思考や環境のエネルギーを変え、その同質のエネルギーと共振共鳴するというエネルギー原理により、彼女は口する言葉の細部にも配慮をしているのです。
私がダウジングでエネルギー診断をしていて、部屋で発見した最悪のことのひとつは、なんと部屋に飾った美しいクリスタルでした!
ダウジングを知る前は、私はただクリスタルを見た目が美しい場所に装飾するだけでした。しかし、それが結局、害のあるエネルギーラインの上に置かれており、害のあるエネルギーを増幅させ、実際に私の状態を悪くしているだけだと言うことがわかったのです。
ダウジングができるようになってからは、私はクリスタルを置くべき適正な場所をチェックし、それが私の健康に役に立つように部屋に配置するようになりました。
そして、ボバーなどのダウジングツールをダウジング・プロトコルに従って使い、エネルギーを良質に変換し、それが空間に満たされるように作業するようになりました。
また、ダウジングをすることで食べ物の質を見分けることができるようになり、不健康な食べ物の有害なエネルギーを除去、あるいは変質させ、より健康的な食べ物にすることもできるようになりました。
2015年9月、スコットランドのスターリング、インターナショナルダウザーズのワークショップ会場にて
スピリットたちとの対話が始まった
さらにダウジングの経験を積み重ねると、私は私の周りにいるいわゆる「スピリット」といわれるエネルギー体と会話ができるようになっていることに気がつきました。英語ではその存在を「ghosts, beings, entities, angels, devas and faeries.」というようにいろいろな言い方をします。
例えば、誰かがある場所で亡くなったとします。もし彼らが地球の三次元のディメンションから去ることができなかったり、どうして良いか理解できていない時は、その場にそのまま居座ってしまうことがあるのです。
そのような時、私はダウジングの高度なテクニックを使って魂の発展のための次のステージに彼らがスムースに移行できるように助けてあげます。
それは「ゴースト・バスティング」といわれる行為ですが、アドバンスクラスのワークショップでその方法を指導することもあります。
過去に何か起こったことのエネルギーサインが知らないうちに残っていることもあります。例えば、過去に何か悪いことが家で起こったとします。その場合何かのエネルギーサインやエネルギーの残余があるかもしれません。
つまり、その過去の出来事が現在の家のオーナーに作用してしまうのです。ただ、そのようなケースのエネルギーの除去は、ダウジング・プロトコルを使うことで、とても簡単に行うことができます。また、そのエナジークリアリングテクニックは、私のワークショップでお教えしている基本的なものです。
私は、かつて「スピリット」や「ゴースト」をとても恐れていました。なぜなら、彼らの存在がいったい何なのかを理解できませんでしたし、さらに彼らは私に何か害を与えようとしているのではないかと考えていたからです。
ダウジングの技術が身に付くにつれ、私は彼らと会話し、そして助けることすらできるようになりました。もし、その存在が人間の魂だとしたら、私たち人間が死んだ後に行くべき場所に導いてあげます。
また、それが人の魂ではない別の存在だとしたら(私の経験上、他の次元の存在に出くわすことがしばしばあります)、ダウジングのテクニックを使って、彼らが本来いるべき場所に行くサポートをします。
言うまでもなく、そのようなワークを始めた時は、驚きの連続でした。45年もの間、無知による恐怖の中にいた私が、ダウジングを通して安らぎと健康を手に入れ、《魂の目的》を知るようになりました。それはいわば宇宙の意思による私の《ミッション》とも言えます。
私は、ここに、そのミッションとともにいます。
サトルエネルギーとの関わり方を人々に教え、その生活、共に生活する家族、関わるコミュニティ、さらに幅広い活動範囲で、有意義でより満足できる「幸せ」を作り出していくサポートをすることが私の使命なのだと理解しています。
私のワークショップでは、皆さんにもそのような自分自身の「魂の目的」に気づいていただけるようにしています。過去のトラウマにより魂が傷ついている場合はその修復と回復のワークをしていくことすらあります。
ダウジング入門
BG3ペンデュラム
バイオシグニチャー ヒーリングアクセサリー
バイオジオメトリー エナジーバランスツール
ダウジング.jp メールマガジン   
※ 読者限定のお得なお知らせもあり!
 
© The Japanese Society of Dowsing All rights Reserved.